寝室にお取付したピンクとホワイトの可愛い花のモチーフが縫い付けられたレースカーテンをご紹介します。

こんにちは。埼玉県のオーダーメイドカーテン専門店白不二のブログです。
2018/3/25に旧ブログから移行中です。以前のブログはこちらになります。

花のモチーフが縫い付けられたレース生地はマナトレーディングのブーケで、フジエテキスタイルのアカリという桜色のグラデーションの生地を組み合わせました。


お客様の寝室に花のモチーフが縫い付けられたレースカーテン、マナトレーディングのブーケをおかけしました。
窓枠の中には桜の小枝で染めて作られたグラデーションの生地、フジエテキスタイルのアカリをお取り付けしてシィアートップスタイルにしています。
シィアートップスタイルは室内側にレース生地、窓側に厚地をかける事で厚地の色をバッグにしてレース生地の柄を際立たせる効果があります。


隣の3つ並んだ小窓はブーケのレースカーテンとセパレートスタイルの白いサテン地のカーテンの組み合わせです。
セパレートのカーテンは磁石で真ん中を束ねて形を作っています。


バックの色がピンクとホワイトで印象がだいぶ変わりますね。
縦長の3連の小窓はホワイトをバックにしてシャープな印象になり、隣の腰窓は淡いピンクのグラデーションをバックにして柔らかな優しい表情になっています。
花のラインの高さを揃えることで統一感を出しています。

もうひとつのお部屋には、レースカーテンはAndrew MartinのPROPELLERで、厚地はフジエテキスタイルのカスミです。


イギリスのテキスタイルブランド、Andrew Martinのレース生地、PROPELLERは重なり合った幾何学柄のデザインで綿と麻の混紡生地です。


PROPELLERと組み合わせたブラウンの濃淡の厚地、フジエテキスタイルのカスミをプレーンシェードにしました。
柄の濃淡が奥行きと陰影を生み出しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク