イギリスの華やかな花柄生地で張替えをおこなった椅子張りのご紹介です。

こんにちは。埼玉県のオーダーメイドカーテン専門店白不二のブログです。
2018/3/25に旧ブログから移行中です。以前のブログはこちらになります。

こんにちは。
今年のゴールデンウィークは10連休の大型休暇の方も多いですよね。
皆さんはどこかへお出かけでしょうか?

白不二は5月1日から6日までお休みを頂きます。
5月7日(火)から通常営業となりますのでご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い致します。

今回はイギリスのブランド、Sanderson(サンダーソン)の花柄生地、Hollyhocksで張替えをおこなった椅子張りをご紹介します。

Hollyhocksは立葵のことで全4色展開の生地です。今回の生地は品番224310でブルーの地にピンク、黄色、白の華やかな花が描かれています。
サンダーソンらしいイギリスのブランドの王道の花柄ですね。

レーヨンに麻が15%入っており、プリントの発色がよく、通気性の良さと使い込むほどに柔らかくなる肌ざわりも特徴です。
生地の強度を示すマーチンデールは20000ですので不特定多数の方が座る重使用の場所よりはご家庭などで軽使用の場所をオススメします。

くるみボタンの部分のくぼみのラインがきれいに出るように生地をつなぎ合わせてシャープなラインが出るようにしています。くるみボタンが可愛いですよね。

こちらの張り替える前の椅子地はベーシックな無地でしたのでエレガントになってだいぶ印象が変わりましたね。

ソファーにはHollyhocksの椅子カバーにクッション、同じサンダーソンの生地、Cottage Gardenのクッションを組み合わせています。壁面に向かいのテレビの画面が映り込んでしまいました(^^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク